2017 10 / 09 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11 next month
スポンサーサイト  --/--/--  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 | スポンサー広告  | Page Top↑
学校へ行こう!  09/02/2008  

1997年10月16日から
2008年9月2日まで
約11年間。3974日。
ロケ数約1200回。
V6の冠番組『学校へ行こう!』 卒業。


学校へ行こう!は、
毎週6人揃った姿が見れる
唯一の番組やった。
かなこも小学1年生の学生に
なったときからずーっと
毎週火曜日は自然と学校へ行こう!
見てた。その頃はまだV6ファンとかじゃ
なかってんけど、当時から
かなこも親も兄弟も周りの友達も
みーんな見てた番組やった。
V6好きになってからは毎週火曜日は
学校へ行こう!があるから。
6人の姿が見れるから。って
しんどいときも乗り越えてきた。
大好きなV6が自分ら学生
応援してくれてるとか、
めちゃ嬉しかったし、実際に
かなこの学校にも未成年の主張で
健ちゃんとまあくん来てくれたから
すごい親近感湧く番組やった。
水曜日朝学校行ったら、
V6ファンじゃない友達が、
「かなこ!昨日の学校へ行こう
めっちゃおもろかったなー★」とか
「V6おもろすぎやろー!」
とか言ってくれるんが
ほんまに嬉しかってん。
毎週あたりまえのように見てた
学校へ行こう!がなくなっちゃうんわ
まだ正直信じられへん。

そういう世界の事はあんまし詳しくわ
分からへんけど、学校へ行こう!が
終わった一番の原因わ視聴率低迷。
視聴率1ケタ。この原因知ったとき、
1番に”V6ごめん・・”って思った。
終わっちゃうことだけでもショックやのに、
その原因がV6ファンを含む
視聴者のせいやっていうのがほんまに
ショックやった。メンバーが
終わっちゃうのは寂しいって
いろんなとこで言ったりしてるん
聞くたびに、ほんまにほんまに
V6に辛い思いさせて
申し訳ない気持ちでいっぱいやった。
でも、みんなが”卒業”っていう感じで
終わること受け入れてくれたこととか、
イノなきでのイノッチの前向きな言葉とかで
かなこも受け入れられたんやと思う。
VIBESコンサートでも
『BELIEVE』歌ってくれる前に、
イノッチが「11年間も続けられたのは
TV界でもすごい記録。終わっちゃうのは
寂しいけど、ここまで続けれたのは
みんなのおかげ。本当に感謝してます
ありがとうございました。」
って言ってくれた時、
ほんまにごめん。っていう気持ちと、
うちらのせいやのに感謝してくれて
ありがとう。って気持ちになった。

枠移動して、V6、6人の新番組始まるんわ
嬉しいよ。嬉しいけど、次からV6で
新番組始まるから寂しくないやん!
とか、まじで言われへんぐらい
学校へ行こう!っていう番組は
大きい番組やった。新番組がどんなんかは
まだ詳しくわ分からへんけど、
学校へ行こう!を超える番組は
そう簡単にわでーへんと思うなぁ。。
”学校へ行こう!”っていう、
かなりストレートな番組名で
その名前の通りV6が学校行って
学生と触れ合って、見てるこっちまで
笑顔にしてくれる、ほんま良い番組。

終わっちゃうことはもう決まったことやし
しょうがないけど、正直かなこが
高校卒業するまでわ学校へ行こう!で
学生応援し続けてほしかったな^^
今日の『BELIEVE』わほんまに
心にしみた。
V6みんな大好きすぎる。
学校へ行こう!大好きすぎた。
ほんまに良い番組やった。


V6、みのりかわ学園卒業おめでとう。
V6、みのさん、満里奈さん、
スタッフのみなさん、お疲れ様。
学校へ行こう!11年間も
毎週幸せな気持ちにしてくれてありがとう。

テーマ『学校へ行こう!』

V6が初めてTVに出させてもらったのが
この「学校へ行こう!」なんですけども、
ニュース等々で言われてるとやっぱり
学校は恐い、暗い、行きたくない。っていうイメージが
強かったんですけど、この「学校へ行こう!」
をやらせてもらって見てくれた生徒のみんなが
あのおかげ一歩前に踏み出せた。
その言葉を聞くと、本当に
この番組やっててよかったな。と
本当に心から思いました。
僕らも学校へ行こう!という場所に
ずっといるんじゃなく、卒業して
新しい人達が「学校へ行こう!」という名前ではなく
こういう素晴らしい番組を
作ってってほしいなと思います。
坂本昌行

「学校へ行こう!」に出たことで
人生が変わりましたっていう
昔出ていた学生にまた何人か会いましたけど
僕らがロケで何気なく言った言葉だったり、
したことが、あんなにも人の人生を
変えることに役立てたというか、そういう瞬間に
立ち会えたということを改めて年月を越えて
僕らが聞けたときに、あぁ本当にこの番組やってて
よかったなって思いました。
11年間やりましたけども、かけがえのない
大きな財産を僕達にくれた番組でした。
長野博

僕はじつは学校を中退していて、
この「学校へ行こう!」でまた改めて
学校に行った1人でありまして。
今の学校がどうなってるのかっていうのを
本当肌で感じてきて、10個下の子とか
本当に熱くて、僕は、なんだ本当に一部の
寂しがりやの子達が起こした事件だったりとか
そういうものばっかりとり上げられてしまって
それをどんどんどんどん報道していくから
どんどんどんどん真似するやつがいたりとかして
じゃあ俺たちが何ができるんだろうって思ったときに
この「学校へ行こう!」って番組を通じて、
いじめられっ子だったら、いやこいつにも良いとこ
いっぱいあるんだぜっていうところをTVで
見せてあげたときにクラスの人気者になりました。
みたいなことを後で聞いたりして。
僕達がやってるこの仕事っていうのは
ものすごく意味のあるものだと実感しましたし。
卒業してもうすっかり大人になってる子が
学校へ行こう!見て育ちましたとか
言ってくれるの本当に嬉しいことです。
僕自身も「学校へ行こう!」に育てられた
1人なんじゃないかなと思います。
井ノ原快彦

学生達と触れ合って、今時の子供たちが
考えてることだとか、本当に思ってることだとか
ってことをこの番組を通して親御さん達も
知れたりとか。親と子のコミュニケーションの場にも
この「学校へ行こう!」って番組はなってたんじゃないか
って思っていまして。こんな良い番組は、
なかなかないんじゃないかと。
本当に終わるのが悲しいですけども、
お母さんやお父さんやそういう人達にとっての
「学校へ行こう!」でもあるし、
子供たちにとっても楽しい「学校へ行こう!」
だったんじゃないかと思っています。
三宅健

僕もともと学校の先生になりたくて、
中学校の時に学校の先生になりたいと思って
高校に行くという道を選んだんですけども。
やっぱり仕事に慣れないとか、いろんな思いもあって
1年生の時とかはものすごく学校というものが
面倒くさくなった時期が正直言うとあったんですけど、
やっぱそれを頑張ろうと思わせてくれたのは
「学校へ行こう!」という番組をやらせてもらっていて
学校というものは楽しいところで、
友達といるとか、何かを勉強するとか、ということは
楽しいことなんだっていうことを「学校へ行こう!」
という番組をやってたから忘れなかったんだな
っていうのがあって。やっぱ「学校へ行こう!」で
ロケに行って学生に会うとものすごく学生達が
楽しそうだったり、ものすごく未来のある感じが
年上になってくるとするというか、
生徒の人達を見てると、希望の塊だな
この人達はって思えたんです。だから
今学生をやってる人達にはそういう
未来はいっぱいいろんなことがあるって
分かって欲しいしって思ったし、
学校っていうものは必ず卒業するものだと
僕は思っていて、なんか終わってしまうけど
またこれが自分の学校なんだって思える
勉強できる場所なんだと思える場所を
どんどん作っていきたいなと思ってるし、
見てくれてる人達にもそういう学校とか卒業しても
どんどん見つけてほしいなと思います。
岡田准一

僕は「学校へ行こう!」という番組をやらせていただいて
今になってものすごく学生時代に戻りたいなぁとか
思うことがあるんですが、まぁ戻れないわけで。
そういう意味でこの「学校へ行こう!」という番組を
やらせてもらって実際全国の学校へ行って
学生さん達と会ってなんかまるで自分が戻ったような
錯覚にもなりましたし、今もすごく一生懸命生きてる
学生さんがいて、「学校へ行こう!」という番組は
その学生のみなさんにある種キッカケを
与えてあげるというか、背中を押してあげる
番組だったと思うんですけど、そうすることで
すごく学生のみんなが輝いて、終わった頃には
1つも2つもすごく大きくなってる生徒のみんながいて
なんかすごく素敵な番組だったなということと。
個人的にはやっぱり新しい企画とか始まると
ロケのメンバーに入ってると、期待されてるのかな
っていう思いで頑張ってきたんですが、
やっぱり親から期待されてない子どもとかって
いないと思うので、その期待をプレッシャーと感じずに
頑張ってほしいなっていうことですかね。
森田剛


長い間「学校へ行こう!」を愛してくださって
本当にありがとうございました。
この番組を通じてたくさんの学生のみなさんに
会ってきました。そこで思ったことは
本当に1人1人が元気で、純粋で、
キラキラと輝いてる目をしていました。
それを見て本当に思ったことは、
学校ってやっぱりいいな。
楽しい場所なんだな。
素晴らしい場所なんだな。
っていうのを本当に感じました。
11年間この「学校へ行こう!」を
愛してくださった感謝の気持ちをこめまして、
僕達V6から日本の学生のみなさんに
この歌を送りたいと思います。

たとえば君が傷ついてくじけそうになった時は
かならず僕がそばにいてささえてあげるよその肩を
世界中の希望のせてこの地球はまわってる
今未来のとびらを開けるとき悲しみや苦しみが
いつの日か喜びに変わるだろう
I believe in future信じてる
もしも誰かが君のそばで泣きだしそうになった時は
だまって腕をとりながらいっしょに歩いてくれるよね
世界中のやさしさでこの地球をつつみたい
今素直な気持ちになれるなら憧れや愛しさが
大空にはじけて光るだろう
I believe in future信じてる
今未来のとびらを開けるとき
I believe in future信じてる

スポンサーサイト
 | 凹三宅組総長より凹  | TB(0)  | CM(4) | Page Top↑
かなこの文章に感動した(´・ω;`)
あたしも一緒だよ!
最近見始めたあたしでも「いい番組」ってわかる。
ほんとにいい番組
梓  09/03/2008 Wed URL [ Edit ]
----------------------------------------------------------------



かなこちゃんのブログ見る前に
昨日のガコイコみてないて
かなこちゃんの文章みたら
もっと泣けてきたーっ!!!!

ジャニーズ公式から
V6のTVの欄から
学校へ行こう!の字が消えて
すごく悲しいな、、

次の番組楽しみだね★

レポ楽しみにしてるよーっ

あみ  09/03/2008 Wed URL [ Edit ]
----------------------------------------------------------------



学校へ行こう!は
ほんと最高の番組だよ(涙
今まで生きてきたなかで一番すき。

かなこちゃんの文章感動した←
果歩  09/03/2008 Wed URL [ Edit ]
----------------------------------------------------------------



この文章!!私のブログに貼らせていただきました。かってなことして、すみません、、、

よければ、ぜひ、私のブログに遊びに来てください★
まってます。
あかり  03/15/2009 Sun URL [ Edit ]
----------------------------------------------------------------



Secret




TrackBack URL
→http://inoharagumi.blog75.fc2.com/tb.php/783-80fe0eb0

★ぷろふ★

*三宅組*

*参戦&観劇*

★わんぽち★

★かてごり★

★めーる★

★けんさく★

★めっせーじ★

★相りん★

★えんとりー★

★V6ぴーぽー★